公共料金のお金は引き落としにするのがベスト

公共料金のお金は引き落としにするのがベスト

お金を貯めやすい、引き落としで定期預金

お金を貯金しようと思っても、強い意志がないと難しいということもありますよね。毎月、別口座に入れての貯金ですと、厳しい月など、自分に甘くなってしまうこともあるかと思います。私自身もそうでした。余裕のある月は、しっかり貯金するものの、余裕がない月は貯金をしなかったこともあります。また普通口座に入れていたため、厳しい月には下ろして使ってしまうということもありました。そうすると、なかなかしっかりした貯金ができず、困っていました。

その後、私が行ったのが定期預金です。給与が振り込まれたあとに、銀行から自動で引き落としを行ってもらい、定期預金の口座に移し変えてもらったのです。この方法ですと、いい意味で強制的に貯金ができますし、定期を組み込んだことで自由に使えないようにしました。あまり大きな金額でやってしまうと、あとあとつらくなるので、小額からスタートしました。これですと、しっかりと貯めることができましたし、給与振込み後なのでつらい時期でもなく、気付いたら貯まっているという形をとることができました。

今も続けていて、給与があがったときには、引き落としの額も増やすようにしました。そうすることで、無理なく続けていくことができましたし、定期の方が率もいいのでお得だと思います。定期の解約も、年数は自分で決められますし、不安な方は1年ごとに下ろせるものを選べば、もしものときにお金が必要になっても安心だと思います。自分で貯める自信がない人は、この方法をとるとよいと思います。


Copyright(c) 2017 公共料金のお金は引き落としにするのがベスト All Rights Reserved.