公共料金のお金は引き落としにするのがベスト

公共料金のお金は引き落としにするのがベスト

便利な引き落としにシステムをうまく利用してお金を管理しよう

今では引き落しのシステムを全く使っていない人のほうが、社会人では珍しいでしょう。毎月毎月、色々支払う物が決まっていて、そしてその種類もかなり多いでしょう。公共料金の支払いや、クレジットカードの支払いを銀行や信用金庫などので引き落としにしている人が多いでしょう。

そして、ちょっと期間を開けて通帳に記帳しすると、すごくたくさん記帳される人も多いでしょう。便利なのですが、時々ちゃんと記帳しないと、お金、特に出費に関して少しルーズになってしまうかもしれません。ちなみに、公共料金などをクレジットカードで毎月支払うようにしている人も最近は増えました。この方法ですと、各公共料金の料金が記帳されないので、それを不便に思う人というのはいるでしょう。それらの料金はクレジットカードの毎月の明細書に記載されるので、別に気にならないという人もいるでしょうけれど、通帳を見ただけでは3ヶ月前の電気料金がわからないとかいうのはあります。少しお金の管理がしにくいと感じる人もいるかもしれません。しかし、公共料金も可能なものはクレジットカード払いにすると、そのクレジットカードのポイントが貯まります。これは結構嬉しいものです。公共料金は全部合わせると毎月結構な金額になります。それが、クレジットカードで毎月支払う、というか、クレジットカードから毎月引き落としになるようにすると、ポイントがどんどん貯まっていきます。黙っていても貯まっていきます。そして、そのポイントを色々に利用出来るので、楽しみが増えるでしょう。しかし、公共料金などを全てクレジット払いにすると、そのカードの引き落し日に、結構大きな金額が一度に引き落とされる事になります。残高がぎりぎりの人は要注意です。クレジットカードを使用している人でなくても、残高がぎりぎりの通帳の場合は引き落し日に注意しましょう。

お金などやその他のブクマ



Copyright(c) 2017 公共料金のお金は引き落としにするのがベスト All Rights Reserved.