公共料金のお金は引き落としにするのがベスト

公共料金のお金は引き落としにするのがベスト

お金でも引き落としは管理が大切

毎日の生活の中でお金の管理はとっても大切な作業の一つになっています。毎月ある子供の習い事の月謝から始まり光熱費等の固定費はすべて口座からの引き落としとしています。決まった金額が絶対必要となりますので通帳金額はしっかりと把握することが大切です。共働きのために給与が振り込まれた時点で支払忘れがないようにすぐ振込にいっています。わりと多めに入金していても何ヶ月か経ってしまうと残高を忘れてしまうことがあるんですよね。何度か相手先に迷惑がかかったこともありますので気を引き締めて管理しています。これからまた子供が進級することで管理する項目もだんだんと増えること間違いなしですので夫婦で協力していきたいなと思っています。

教育費だったり光熱費といった金額って少ないようで全部まとめたら結構な金額になるんですよね。それぞれの明細が請求書なり領収書などで到着しますので全部通帳の項目に記入していっています。ちょっと手間な作業ではありますが後で確認したときに一目瞭然なんですよね。家計簿をつけていなだけに記入しておくことで去年と今年の動きがすぐにわかりました。季節によっても使ってる光熱費の値段もすごく変動があることに気付かされたものです。いろんな意味で助かっていますのでこの方法でこれからも生活していこうと思っています。記入することで安心した生活が送れますし過去との見直しができる魅力を最近では友人にもすすめるようにしています。


Copyright(c) 2017 公共料金のお金は引き落としにするのがベスト All Rights Reserved.