公共料金のお金は引き落としにするのがベスト

公共料金のお金は引き落としにするのがベスト

毎月のお金の引き落としを管理すること

普段の買い物はなるべく現金でしていましたが、あっという間になくなってしまってなんだか悲しいです。おろしたばかりだと思っていたお金なのに知らない間になくなっている。大きな買い物をしてなくなったら納得できるのですが、日々の食料品など小さな買い物が毎日あるので、無駄遣いしているわけではないのになんだかあっという間ということありませんか。お金ってなかなかたまりませんね。クレジットカードは借金をしているようでいやだなと思っているのですが、あまり使わなかったカードでもポイントがたまってギフト券と交換できました。臨時収入のようでうれしかったです。

それから得をするかなと思い毎日の買い物だけはクレジットカードにしてみました。何枚かもつと分からなくなってしまうかもしれないのですが、灯油やガソリンはこのカードのほうが得とかここの買い物はこのカードなら5パーセント割引になるとかあると何枚か必要になります。おかげでカードの引き落とし日がばらばらなので残高をきちんと確認しておかないと引き落としができないとか、他の引き落としに影響があったり。引き落とせなかったらあとから請求がきて、事務手数料や再発行料など、得するはずのカードポイントが手数料を取られるようでは損ですね。

今でもカードは持っていますが、一枚にして他のカードはクレジット機能ではなく提示するだけでサービスがうけられるタイプのものにしています。シンプルになったので引き落とし日もひとつ。一枚でこつこつためてまたギフト券と交換をめざします。


Copyright(c) 2017 公共料金のお金は引き落としにするのがベスト All Rights Reserved.